特長・メリット

業界トップで全国にネットワークを持つジャパンリリーフは
安心・安全なフルサポート体制を実現しています。

創業以来20数年、全国で数千台の請負運行実績を持つジャパン・リリーフは、お子様たちの送迎から、医療機関の患者送迎、大手企業の役員送迎、官公庁、ホテルの送迎サービスなど、あらゆる分野で高い実績と信頼を得ています。その背景にあるのは、運転士の徹底した教育と安全を目指す比類なきバックアップ体制です。

独自のバックアップ体制

欠便を出さないバックアップ
運転サービス士に急病や万が一の事故があっても、欠便を出すことはありません。ジャパン・リリーフでは代務の運転サービス士を抱えており、日頃から現場を熟知し、いつでも代務が勤まるようスタンバイしています。
エリア担当によるスタッフバックアップ体制
エリアを熟知した専任のエリア営業担当がすべての窓口となり、お客様のご要望にきめ細かくスピーディーに対応いたします。
万が一の事故の場合もジャパン・リリーフが全て対応致します
事故をはじめとした万が一のトラブルにも、ジャパン・リリーフが全面的に対処致します。相手先、警察など、全ての対応をお客様に代わって対応いたします。
すべての請負車両が保険に加入
全ての請負車両に対して、対人・対物無制限を補償する自家用自動車管理業向けの保険に加入し、万全の備えをしています。
位置情報サービス
各車両には位置情報システムを搭載することにより、運行状況をリアルタイムで把握できる独自のサービスを加え、安心をよりいっそう強固なものにします。(別途費用がかかります)

徹底した採用審査+運転サービス士教育

4次審査までの厳正さ
お客様の業種や運行車両に適合した質の高い運転サービス士を現場に配属させるため、採用審査は厳正を極めます。第1次審査では応募者の人柄、過去の事故歴を確認した上で、第2次審査に進みます。第2次審査ではシュミレーターによる運転能力判断とジャパン・リリーフ独自の運転適正診断を行い基準値に達した者が、第3次審査に進みます。第3次審査では、実際に実車を使用し「いかにご利用者を安全・安心・快適に送迎する事が出来るか」を軸に、現場の車両ごとに運転技術を厳しくチェックしそれぞれのご利用者様の目線にたった運転が出来ているか否かを審査します。これらすべての審査に合格して初めて4次審査(接遇・マナー審査)となり、送迎業務は「サービス業」であることを徹底的に指導いたします。
個々の現場対応の研修
現場ごとのご利用者様の特性とその対応・留意点についてもきめ細かく指導します。福祉現場などでは、車椅子の乗降が必要とされるため、リフト研修をはじめ、ヘルパー有資格者による研修を行っております。
運行開始後も定期研修を実施
既存の運転サービス士に対しても、現場にて研修を定期的に行い、プロの運転サービス士としての意識の向上、運転技術の指導・研修を行っています。また社内独自の運転士コンテストを実施し、運転サービスの向上、より質の高い技術の提供をこころがけています。
万が一の事故やお客様からのクレームに対しては、運転サービス士と一緒にその原因を分析することによって、今までの運転・態度・意識を見直し、いかに現場での緊張感が維持されるかという事を念頭に指導しています。